出場チーム -日本クラブユースサッカー選手権 U-15 2019

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム予選 | 過去結果

 

PDFicon 大会概要・規定(PDF)
PDFicon 競技日程(PDF)
PDFicon グループステージ組合せ(PDF)

プレスリリース

 

 

北海道

スプレッド・イーグルFC函館

SONY DSC

創部17年目を迎え、サッカーの技術・判断力を伸ばすことはもとより、サッカーを通じての人間形成、フェアプレー精神の遵守に重点をおいて指導しています。本大会は6年ぶり3回目の出場となります。最後まで諦めず全力で戦います。今大会を通じて、選手たちがより大きく成長してくれることを期待しています。

 


 

北海道コンサドーレ札幌U-15

北海道コンサドーレ札幌のアカデミーです。クリエイティブな選手を育成し、将来トップチームならびに、世界で活躍できる選手を輩出する事を目標として活動しています。今大会ではハイレベルかつ、様々なスタイルを持ったチームとの対戦を通じて、選手・スタッフ共に成長していけたらと思います。

 

東北

ベガルタ仙台ジュニアユース

ベガルタ仙台のアカデミーとして、将来トップチームで活躍する選手、世界で通用する選手の輩出を目標にし、どこでも通用する選手、人を育てる事に重点をおいて活動しております。我々のフィロソフィーである「絆」「不屈」「希望」のもと一戦一戦全力で戦います。

 


 

モンテディオ山形ジュニアユース庄内

 

モンテディオ山形の下部組織としてスポーツマンシップとフェアプレーの精神、自立した選手の育成を目指して活動しております。全国大会へはジュニアユース庄内が創設以来、初めての出場となります。トライ&エラーを繰り返しながら少しでも成長できるよう頑張ります。

 


 

レノヴェンスオガサFC

2017年以来、2年ぶり4回目の出場となります。元日本代表 小笠原満男が総合アドバイザーを務める岩手県盛岡市で活動するキッズからジュニアユースまでのクラブチームです。 攻守にアグレッシブにチャレンジし、全てのプレーで勝ちに拘って戦いたいと思います。

 

関東

横浜F・マリノスジュニアユース追浜

 

横浜F・マリノスをトップチームに持つ、育成組織です。将来、Jリーグはもとより世界で活躍できる選手を目指し日々トレーニングに励んでいます。またサッカーを通して人間性の向上にも重点を置いて活動しています。今大会においては積み上げてきた成果を最大限に発揮できるよう、全員でチャレンジします。

 


 

横浜F・マリノスジュニアユース

 

横浜F・マリノスジュニアユースは、トップチームで活躍できる選手の育成を目標に掲げています。また、フットボールだけではなく、人間教育にも重点をおきながら日々活動をしています。今年もアグレッシブなフットボールでタイトル奪取を目指します。  

 


 

FC東京U-15むさし

 

FC東京U-15むさしは、今年で発足16年目のチームになります。強く、愛されるチームをめざして日々トレーニングに励んでいます。全員攻撃・全員守備でアグレッシブなサッカーを展開し、大会を通じて選手たちが大きく成長できるよう全力発揮で頑張りたいと思います。

 


 

三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

スクールからジュニア・ジュニアユース・ユースまで一貫指導の中で選手を育成し、Jリーグ・大学・社会人等で活躍できる選手の輩出を目指しています。「和を養い、和を貴ぶ」養和の精神を大切に、チーム一丸となって勝利を目指して最後まで諦めずに全力で戦い抜きます。

 


 

前橋FC

2年連続6回目の出場となりました。今年も全員攻撃・全員守備でハードワークをし、少しでも多くの試合が出来ればと思います。この経験が選手達の将来につながるような意味のある大会にしていきたいと思います。毎年この大会の運営等に関わってくださる皆様に感謝の気持ちを持ち全力で戦っていきたいと思います。

 


 

柏レイソルU-15

柏レイソルアカデミーでは、一貫指導のもと、「将来、レイソルの軸になる選手の育成」「世界で活躍できる選手の育成」「サッカー界で活躍できる選手(人間)の育成」「社会に貢献できる選手の育成」を軸に活動しています。

 


 

鹿島アントラーズつくばジュニアユース

鹿島アントラーズの育成組織として茨城県つくば市をホームタウンとし、将来のトップチーム中心選手への育成・強化を目指し活動しています。また、アントラーズスピリットである『献身・誠実・尊重』をコンセプトに、アントラーズらしいサッカーを展開し、アントラーズファミリーの一員として感謝の気持ちをもって全力でプレーします。

 


 

湘南ベルマーレU-15

 

湘南ベルマーレU-15は1987年に設立し、神奈川県の湘南地域を拠点に活動しています。湘南地域を中心とした選手たちが、全国の強豪チームと戦えることを光栄に思います。トップチームから一貫指導で育った湘南スタイル「攻撃的で、走る意欲に満ち溢れた、アグレッシブで痛快なサッカー」を本大会でも体現し、楽しみたいと思います。

 


 

ヴィットーリアスFC

DSC_0622

千葉県市原市で30年間活動しています。2016年に三井千葉SCから名称変更しました。日本クラブユースサッカー選手権全国大会2001年出場、2011年にはフットサル全国大会優勝、2013年の東日本インターシティカップでは準優勝しました。OBにはドイツ・ブンデスリーガー、日本代表を経験した浦和レッズの長澤和輝選手、モンテディオ山形主将の山田拓巳選手がいます。

 


 

東京武蔵野シティFC U-15

武蔵野市をホームタウンとするクラブチームです。幼児からU-18までのカテゴリーを持ち、トップチームはJFLに所属しています。2016年よりJリーグ参入を目指し、チーム名を横河武蔵野FCより改称しました。育成選手をより多くトップチームに輩出し、同時に各大会で好成績を収める事を目標とします。

 


 

Forza‘02

文武両道のもと、日々活動しています。全員攻撃・全員守備で日頃の練習の成果を発揮し、観ている人達に感動を与えられるように最後まで諦めずに全力を出し切りたいと思います。

 


 

FC多摩ジュニアユース

東京都多摩市で活動しています。4年ぶり4回目の出場になります。今までの最高成績がベスト16なのでベスト8、ベスト4を目標に東京、関東の代表として一つでも上に行けるように精一杯頑張りたいと思います。

 


 

ジェフユナイテッド千葉U-15

ジェフユナイテッド市原・千葉アカデミーでは、地域に愛されるアカデミーを目指して、トップチームで活躍できる選手の育成、及びサッカーを通じての人間形成を目標に活動しています。選手育成においては、千葉市・市原市中心に千葉県内から多くのタレントを発掘し、育成一貫プログラムに沿ってチーム活動を行なっています。

 


 

FCラヴィーダ

埼玉県にて2012年にチーム設立しました。個人の技術と発想力の育成を重視し、チームの中で個性を出せる選手育成を目標に活動。そして、個人の基本技術、フィジカル、メンタル面を向上しつつ、選手の持っているアイデアあふれるプレーや観ている人の予測を上まわるような選手が育ち、魅力あるサッカーで戦います。

 

 

北信越

アルビレックス新潟U-15

アルビレックス新潟のアカデミーとして、基本技術と判断力の向上を重視して日々トレーニングに取り組んでいます。また、サッカーを通して人間力の向上も大切にしながら共に歩んでいます。将来、トップチームの軸となり活躍できる選手、社会で活躍・貢献できる人間を目指した育成をコンセプトに活動しています。

 


 

長岡ジュニアユースFC

日本クラブユースサッカー選手権には3年ぶり5回目の出場となります。セレクションによる選手の選抜ではなく、クラブ申請制度を活用し、園児からトップチームまでの一貫指導のもと、将来大きく飛躍できる選手の育成を目指しています。長岡をサッカー・フットサルの街とするべく、活動しております。

 


 

グランセナ新潟FCジュニアユース

新潟市西区を拠点に活動しています。全国でトップクラスに入れるチーム作りを目指すとともに、世界に通用する選手育成をビジョンに掲げ活動しております。勝利のために必要な多くの経験と学びを、仲間と共に取り組むことで解決し表現できるようにしていきます。チームに関わる全ての人の想いをチカラに変え闘っていきます。

 


 

パテオFC金沢ジュニアユース

石川県金沢市を中心にジュニア、ジュニアユースで活動しています。ジュニアユース設立8年目、今大会に参加する選手は6期生が中心となります。昨年の初出場に続いて2年連続2回目の全国大会出場です。一戦必勝で昨年のラウンド32以上を目指して北信越地域、石川県代表として戦います。全国の強豪チームとの試合を楽しみにしています!

 

東海

刈谷JY

「サッカーの街・刈谷」から世界に通用する選手の育成を目指して活動しています!選手も指導者も己の限界を超えれるように常にチャレンジし続けます。初めてとなるクラブユース全国大会ですが、刈谷JYらしく楽しむことで観てる人の心を動かすサッカーがしたいです。

 


 

名古屋グランパスU-15

名古屋グランパスの育成組織として、トップチーム、そして世界で活躍できる選手の育成、またピッチ内外において自立した選手の育成を目標に活動しています。試合においては、「攻守一体型の攻撃サッカー」をスタイルとして掲げ、観る人を魅了するサッカーを目指しています。本大会では、全選手が毎試合少しずつでも進歩、成長出来るようチーム一丸となって戦っていきます。

 


 

清水エスパルスジュニアユース

清水エスパルスの育成組織として、ジュニア~ジュニアユース~ユースからトップにつながる一貫した指導システムで、トップチーム、さらには世界で活躍できる選手の強化・育成を図っています。またサッカーを通じての人間形成にも重点を置いて活動しています。   

 


 

豊田AFC

愛知県豊田市でジュニア・ジュニアユース・トップ社会人で構成されているクラブです。ジュニアユースはチーム創立19年目にして初の全国大会出場となります。「継続は力なり」をチームスローガンとし、日々のトレーニングに打ち込んできました。本大会において、より多くの経験を積めるよう、選手・スタッフ共に謙虚な気持ちで臨みたいと思います。

 


 

藤枝東FCジュニアユース

チーム創立17年目、全国大会は2回目の出場になります。サッカーの原理原則を大切に選手全員が献身的にプレーします。藤枝東を象徴する藤色の伝統に誇りを持ちつつ謙虚にひた向きにサッカーに向き合い、ひとつのボール・ひとつのプレーに魂を込めてチーム全員で戦います。

 

 


 

東海スポーツ

2年ぶり2回目の出場となります。前回はグループステージで敗退してしまいましたが、今回まずはグループステージ突破を目標に頑張りたいです。今年のチームは様々な個性や特徴を持った選手がいて、そこを活かせるチームとしてまとめ上げてきました。1試合1試合全力で取り組み勝ちにこだわりながらも楽しむ心を忘れず戦いたいです。

 

関西

セレッソ大阪 西U-15

「世界基準によるプロサッカー選手の育成」という指導方針のもと、世界を舞台に活躍できる選手を強化、育成することを目的として活動しています。近年では、セレッソ大阪アカデミー出身者がトップチームや各年代の日本代表として活躍しており、選手たちにとって大きな刺激となっています。

 


 

ヴィッセル神戸U-15

ヴィッセル神戸U-15は、「日本をリードし、世界で活躍できる人間性豊かな選手」の育成を念頭に、一貫指導のもと、個人技術・戦術・フィジカル面の強化、そして生活面から目標に向かう姿勢にこだわり、加えて人間形成に重点をおいて指導しています。

 


 

柏田SC

柏田SCは『個の育成』を目的とし、日々、活動しております。今大会でも、個々の特徴を活かし、自分たちのスタイルを貫いて、一つでも多く成長に繋がる試合ができるように頑張りたいと思います。そして、チームの代表、大阪街クラブ代表として【全力蹴球】で勝負します!

 


 

セレッソ大阪 和歌山U-15

今年で創立11年目を迎えるセレッソ大阪 和歌山U-15です。
チームとして2回目の全国大会出場となりました。セレッソ大阪は育成型クラブを標榜しています。「世界基準によるプロサッカー選手の育成」というセレッソ大阪アカデミーの一貫した指導方針のもと、全国大会で良い闘いをしたいと思います。

 


 

神戸FCジュニアユース

お陰様で(一社)神戸フットボールクラブは2020年で50周年を迎えます。幼児から80歳代までの方が各カテゴリーでサッカーを楽しんでいます。中学生は自主自立・創意工夫をモットーに活動しており、サッカーを通じてNextStageで活躍出来る選手・人間育成を目指しています。50年間の感謝を込めて大会に挑みます!

 


 

セレッソ大阪U-15

セレッソ大阪U-15は、「世界基準によるプロサッカー選手の育成」という指導方針のもと、世界を舞台に活躍できる選手の強化、育成を目的に活動しています。今大会でも少しでもチーム、選手個々の積み上げができるよう全力でひたむきにプレーしたいと思います。

 


 

ディアブロッサ高田FC U-15

1975年創部、U-15は、1992年から活動を開始し「変幻自在」をモットーに取り組んでいます。個々の技術のレベルアップとサッカーを通して豊かな人間形成を目指しております。今回で、2年連続9回目の出場となりますが、選手たちの良いところを発揮してひとつでも多く試合をして帰りたいと思います。

 


 

MIOびわこ滋賀U-15

JFL所属のMIOびわこ滋賀の育成組織になります。将来、世界で活躍できる選手を目指し、日々トレーニングに励むとともに、サッカーを通じた人間形成に重点をおいて指導しております。全国の素晴らしいチームと戦える喜びを感じ、またこの場に立てる事への感謝の気持ちを忘れず、ピッチ内外で全力を尽くし、多くのことを感じ、吸収し成長します。

 

中国

サンフレッチェくにびきFC

サンフレッチェくにびきFCはサンフレッチェ広島の提携クラブとして島根県出雲市を中心に活動しています。「クリエイティブな選手」「豊かな人間の育成」という2本柱を全力で実践し、技術力・判断力・精神力を日々養いながらチームで切磋琢磨し、「自立した選手」を育成することを目的としています。

 


 

FCバイエルンツネイシU-15

広島県福山市、ツネイシしまなみビレッジを拠点に活動しています。「サッカーの本質の追求」、「人間性豊かな人材育成」を柱に、次のステージで活躍できる選手の育成を目指しています。何事にも挑戦し、皆に愛される魅力的な選手、チームになれるように頑張ります。

 


 

サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース

Jクラブ サンフレッチェ広島のアカデミーチームです。一貫指導のもと、①クリエイティブで逞しい選手、②豊かな人間性を目的に日々活動しております。今シーズンのクラブスローガン「ICHIGAN」のように選手、スタッフ、保護者、サポーターで心一つに闘いたいと思います。

 

四国

愛媛FC U-15

愛媛FCの育成組織として「トップチームで活躍できる選手を輩出し、ひいては代表、世界で活躍する選手を育成」・「地域社会に関わり貢献できる人間を育成」・「地域サッカーのレベルアップ、地域スポーツの活性化に貢献」を使命として活動しています。

 


 

F.C.コーマラント

技術向上だけを追求するのではなく、中学年代のあらゆる活動を通じて、人格の形成を図ることを第一とし、人間関係を築くこと、自立性・協調性・自発性を培うことを目的としています。人もボールも動くサッカーをモットーに状況に応じた技術発揮、判断能力の向上を常に考えプレーし続けられることをコンセプトに掲げております。

 

九州

アビスパ福岡U-15

アビスパ福岡U-15は将来トップチームさらには世界で活躍できる選手の育成を目指しています。九州の代表として、この大会に参加できることに感謝し、大会を通じて素晴らしい経験を積むことでサッカー選手としてだけでなく、一人の人間としても逞しく成長できるよう、チーム一丸となって全力で戦います。

 


ブレイズ熊本

ブレイズとは、「火の国・熊本」の炎を意味します。キッズからジュニアユースまで一貫指導のもとで、「夢・挑戦」を合言葉に日々取り組んでいます。自ら判断と決断ができ、責任が持てる自立した選手育成を目指し活動しています。

 


 

ソレッソ熊本

熊本市で幼児~中学生約300名で活動しています。チーム名の「ソレッソ」とはイタリア語で「笑顔」を意味しグラウンドでは子供たちの笑顔が溢れています。1試合でも多く経験できればと思います。応援して頂く方たちの心に響くような熱い試合が出来るように全力で戦います。

 


ロアッソ熊本ジュニアユース

ロアッソ熊本アカデミーは『赤からブルー、ブルーから世界へ』というテーマのもと『ハードワークできる天才』をコンセプトに人間的にもサッカー選手としても、真のプロフェッショナルと呼ばれる選手の育成を実現し、トップチーム及びインターナショナルで活躍出来る選手を輩出することを目標に育成・指導を行っています。

 


 

サガン鳥栖U-15


 

これまで、この大会に出場できるように協力していただいた方々、応援していただいた皆様に恩返しができるよう、選手・スタッフ・クラブ一丸となって頑張ります。ハードワークとチームワークを兼ね備え、戦うことをコンセプトにしています。九州代表として、そしてクラブの代表として1試合1試合、全力で戦い抜きます。

 


 

サガン鳥栖U-15唐津

サガン鳥栖アカデミー(U-15)のチームです。将来トップチーム及び世界で活躍する選手を目標に日々活動しています。また、目標に向かい自らが考えピッチ内外で自立した行動ができる人間性の育成を念頭に置き、取り組んでいます。この大会を通じて選手たちがさらに成長できるようにチーム一丸となり全力で戦います。

 

 

 

 

PDFicon 大会概要・規定(PDF)
PDFicon 競技日程(PDF)
PDFicon グループステージ組合せ(PDF)

プレスリリース

 

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム予選 | 過去結果

 

2019年 | 2018年
2017年 | 2016年 | 2015年
  2014年 | 2013年 | 2012年
2011年 | 2010年 | 2009年