出場チーム -日本クラブユースサッカー選手権 U-15 2017

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム | スケジュール | 予選 | 過去結果

 

北海道

SSSジュニアユース

 

SSSでは幼児から高齢者までが生涯スポーツとしてサッカーを楽しめる環境作りを目指しています。4年前より人工芝グランド・LEDナイター・クラブハウス・屋内交流施設等、施設面の充実を図り、地域密着型の総合型スポーツクラブとして、北海道におけるスポーツ文化醸成の未来作りに努めています。“SSSという名前に込めた熱き想い。Sense・Skill・Spirit、その全てにおいて高みを目指せ!!”


 

北海道コンサドーレ旭川U-15

 

北海道コンサドーレ札幌のアカデミーで、旭川市・東川町を中心に活動しています。昨年の初出場から2年連続の出場になります。全国大会という、刺激溢れる素晴らしい舞台での試合を経験することで、選手・指導者ともに成長できたらと思います。毎試合感謝の気持ちを持ちながら、全力でチャレンジします。

 

東北

レノヴェンスオガサFC

2001年に創立し、2009年度より鹿島アントラーズの小笠原満男選手をアドバイザーに迎え、より地域に密着、貢献できる育成年代のサッカークラブとなりました。3回目の出場の今大会ではアグレッシブなプレーでノックアウトステージ進出を目指します。

 


 

モンテディオ山形ジュニアユース村山

 

山形県天童市で活動している、モンテディオ山形ジュニアユース村山です。選手たちがこの大会を通じて素晴らしい経験を積み、サッカー選手としてだけでなく、ひとりの人間として成長してくれることを期待しています。全国大会で選手たちが色々な経験をし、更に成長できるよう精一杯頑張ります。

 

 

関東

柏レイソルU-15

 

柏レイソルアカデミーでは、一貫指導のもと(1)将来、レイソルの軸になる選手の育成(2)世界で活躍できる選手の育成(3)サッカー界で活躍できる選手(人間)の育成(4)社会に貢献できる選手(人間)の育成を軸に活動しています。て成長します。

 


 

坂戸ディプロマッツ

 

 

埼玉県西部地区、坂戸市で活動する坂戸ディプロマッツです。創立18年目にして初めての全国大会に出場します。まだまだ未熟なチームですが、全国の素晴らしいチームと素晴らしい環境でプレーさせていただき、結果はもちろんですが、最高の経験を得てレベルアップが図れるよう頑張ります!

 


 

クマガヤサッカースポーツクラブ

 

『あついぞ!熊谷』夏の暑さだけでなくハートも熱い、プロ選手を目指し、清掃・除草作業、ボランティア活動など市民協働に積極的に取り組んでいます。将来、責任感ある社会人となり地域社会で役割が果たせるようシティズンシップ教育にも取り組み、「正々堂々」逞しく生きる力、社会を生き抜ける力を育んでいます。

 


 

WingsU-15

 

千葉県千葉市で活動しているWingsU-15です。サッカーを楽しく行い、楽しさの中から本格的なサッカーの技術・戦術や精神力・社会性を身につけていく。また、成長にあわせた目的を持った指導によりサッカーを通して個人の能力を引き伸ばし、夢と可能性を高める事を目的としています。今回で2年ぶり2回目の出場となります。全国から強豪が集まるこの大会で少しでも成長できるよう、1日1日を大切に活動していきます。

 


 

鹿島アントラーズつくばジュニアユース

 

鹿島アントラーズの育成組織として茨城県つくば市をホームタウンとし将来のトップチーム中心選手への育成・強化を目指し活動しています。また、アントラーズスピリットである『献身・誠実・尊重』をコンセプトにアントラーズらしいサッカーを展開し、アントラーズファミリーの一員として感謝の気持ちを持ってプレーします。

 


 

大宮アルディージャジュニアユース

 

大宮アルディージャのアカデミーとして、2002年より活動しています。「世界で活躍する選手の育成」「トップチームの基盤となる選手の育成」「社会のリーダーとなる人間形成」この3つの育成目標を掲げ活動しています。今大会でも学び、成長できるよう全力で戦います。

 


 

栃木SCジュニアユース

 

栃木SCのアカデミーとして一貫指導のもと、トップチームはもとより世界で活躍できる選手の育成と、サッカーを通じての人間形成に重点をおいて活動しています。この大会を通じて素晴らしい経験を積み、サッカー選手としてだけではなく、ひとりの人間としても成長してくれることを期待しています。

 


 

東京武蔵野シティFCU-15

 

 

武蔵野市をホームタウンとするクラブチームです。育成組織は幼児からU-18までのカテゴリーを持ち、トップチームはJFLに所属しています。Jリーグ参入を目指し、2016年よりチーム名を横河武蔵野FCより改称しました。育成選手をより多くトップチームに輩出し、同時に各大会で好成績を収める事を目標とします。

 


 

Forza‘02

 

NPO法人ワセダクラブForza‘02は、文武両道をモットーとして日々活動しているクラブチームです。全員攻撃・全員守備で日頃の練習の成果を発揮し、見ている人達に感動を与えられるよう最後まで諦めずに全力を出し切ります。

 


 

FC東京U-15深川

 

FC東京の育成組織として将来トップチームで活躍できる選手の育成を目指して日々活動しています。選手一人ひとりが自らアクションを起こす「自立した選手」を意識し、日頃のトレーニングの成果を発揮するとともに、最後まで絶対にあきらめないFC東京魂を持って、攻守ともに走り負けないチームを目標としています。

 


 

横浜FCジュニアユース

 

横浜市をホームタウンとする横浜FCの育成組織として活動しています。ユースチームを経由してトップチームで活躍し、世界で輝ける選手の育成と社会人として活躍できる人間形成を指導指針にしています。この大会を通じて素晴らしい経験を積み、選手が成長していけるようにチャレンジしていきます。

 


 

FC東京U-15むさし

 

FC東京U-15むさしは、今年で発足14年目のチームになります。強く、愛されるチームをめざして日々トレーニングに励んでいます。全員攻撃・全員守備でアグレッシブなサッカーを展開し、大会を通じて選手たちが大きく成長できるよう全力発揮で頑張ります。

 


 

浦和レッドダイヤモンズジュニアユース

 

1996年より浦和レッドダイヤモンズの育成組織として活動しています。サッカーを通じて豊かな人間づくりを目指した指導を行っています。全員攻撃、全員守備の意識を持ち、チャレンジャー精神を忘れず、アグレッシブに闘うことを目標にします。

 


 

三菱養和SC巣鴨ジュニアユース

 

ジュニアからジュニアユース・ユースまで一貫指導の中で選手を育成し、Jリーグ・大学・社会人等で活躍できる選手の輩出を目指しています。「和を養い、和を貴ぶ」養和の精神を大切に、チーム一丸となって勝利を目指して最後まで諦めずに全力で戦い抜きます。

 


横浜F・マリノスジュニアユース

横浜F・マリノスをトップチームに持つ育成組織です。将来、Jリーグはもとより世界で活躍できる選手を目指し、日々トレーニングに励んでいます。またサッカーを通して人間性の向上にも重点を置いて活動しています。今大会においては、積み上げてきた成果を最大限に発揮できるように全員でチャレンジします。

 

 

北信越

アルビレックス新潟U-15

 

アルビレックス新潟のアカデミーとして、基本技術の獲得・人間性の向上をコンセプトとし、トップチームで活躍できる魅力ある選手、また世界で活躍できる魅力ある選手を目指して、日々活動しています。技術・戦術を身につけ、それを高めていける社会性・人間性も重要視した育成を行っています。

 


 

松本山雅FCU-15

 

松本山雅FCユースアカデミーは、プロサッカー選手の育成と、将来に渡ってサッカーに携われる人間を多く輩出する為の活動を行うことを目的に、2003年よりスタートさせました。アカデミー合言葉である『Challenge!Change!Chance!』を胸に日々切磋琢磨し向上心を持って取り組んでいます。

 


 

SQUARE富山FCU-15

 

NPO法人スクエア富山が母体となり、1997年にジュニアチーム、1998年にジュニアユースチームが活動を開始しました。他にもバレーボールチームが活動しており、選手の個性を活かし、個人の競技能力向上を重視し、ジュニアからジュニアユースへ、一貫した指導体制と方針を執っています。その個性が発揮できる様に1試合1試合全力を尽くします。

 


 

エボルブジュニアユースFC

 

2012年創設。新潟市西区にある日本文理高校の人工芝フィールドで活動しています。サッカーを通じて豊かな人間性を育み、将来、社会に貢献できる人材の育成を目指しています。「You’llneverwalkalone」がチームスピリットです。一戦一戦粘り強く戦います。

 

東海

清水エスパルスジュニアユース

 

清水エスパルスの育成組織として、ジュニア~ジュニアユース~ユースからトップにつながる一貫した指導システムで、トップチーム、さらには世界で活躍できる選手の強化・育成を図っています。またサッカーを通じての人間形成にも重点を置いて活動しています。

 


 

ジュビロ磐田U-15

 

ジュビロ磐田U-15はジュビロ磐田の育成組織として、将来Jリーグ及び世界に通用する選手の育成とサッカーを通じての人間形成を目的として活動しています。5年連続7回目の本大会出場です。本大会での最高成績は2010年の第25回大会での準優勝で、今回それを超えられるようがんばります。

 


 

名古屋グランパスU-15

 

名古屋グランパスU-15は、U-18へ繋がる選手育成を目的に将来トップチーム、海外でも活躍出来る選手の育成を目指しています。自立した選手、個で打開出来る選手育成の為に基本技術と基本戦術の徹底を行なっています。感謝と謙虚な気持ちを忘れずに、日々サッカーと真摯に向き合って取り組んでいきます。

 


 

FC.フェルボール愛知

 

基本を大切にし、クリエイティブでスピード感のあるサッカーに取り組んでいます。謙虚でありまた、情熱的で常に志を高く持てる選手の育成、大人の育成を目指しています。世界へ羽ばたける選手を育成出来るよう、日々努めております。

 


 

東海スポーツクラブU-15

 

愛知県で1985年にクラブを発足して今大会初出場となります。昨年度は、ジュニアは全日本少年サッカー大会に出場し、ジュニアユースは東海大会出場2度目で、念願の全国大会出場となりました。愛知県の優勝チームとして、見て楽しく、やっていて楽しいプレーを意識して、悔いの残らない試合となるよう頑張ります。

 


 

JFAアカデミー福島U15

 

JFAアカデミー福島は、親元を離れ、仲間とともに毎日練習に励んでいます。今大会では、日頃の練習の成果を発揮し、昨年果たすことのできなかった全国優勝を掴みとります。普段支えて頂いている皆様に恩返しができるよう、誰一人欠けることなく精一杯プレーします。

 


 

清水エスパルスSS静岡

 

清水エスパルスの普及・育成組織として、静岡市駿河区を拠点に活動しています。ユース年代で活躍できるよう『サッカーを学ぶ・サッカーで学ぶ』ことに重きを置いて、日々練習に取り組んでいます。今回が初出場となりますが、この大会での経験が成長に繋がるよう、全力を尽くします。

 

関西

セレッソ大阪西U-15

 

セレッソ大阪西U-15は、「世界基準によるプロサッカー選手の育成」という指導指針のもと、世界を舞台に活躍できる選手を強化していくこと、育成することを目的として活動しています。またサッカーを通じて、人として成長することを大切に活動しています。

 


 

FCフレスカ神戸

 

兵庫県神戸市の西区を中心に活動している街クラブです。イタリアサッカー協会指導プログラムを参考に、フレスカ独自のカリキュラムによる楽しく将来へつながるサッカーを指導しています。プロを目指す選手から、学業との両立を目指す選手まで幅広く対応しながら、一人一人が持っている才能を発揮出来る様に指導しています。

 


 

ヴィッセル神戸U-15

ヴィッセル神戸U-15は、「日本をリードし、世界で活躍できる人間性豊かな選手」の育成を念頭に、一貫指導のもと、個人技術・戦術・フィジカル面の強化、そして生活面から目標に向かう姿勢にこだわり、加えて人間形成に重点をおいて指導しています。

 


 

ガンバ大阪門真ジュニアユース

 

大阪府門真市を中心に活動しています。長期的展望に基づいた一貫指導体制で、将来トップチームで活躍できるプロ選手の育成を図るべく、キッズ・ジュニア・ジュニアユースまでの指導を行っています。ジュニアユースでは責任と覚悟を持ち、勝つためにできることを考え行動できる集団を目指しています。

 


 

ガンバ大阪ジュニアユース

 

「豊かな人間形成」「世界に通じるクリエイティブな選手育成」「フェアプレー精神の遵守」の3本柱をコンセプトとする指導方針のもと、技術面プラス精神面も重要視し、サッカーを通じて秀でた人間の育成「知育・徳育・体育」を目指し活動しています。大会を通して、サッカー選手としても人間としても大きく成長します。

 


 

京都サンガF.C.U-15

 

古都、京都をホームタウンとする京都サンガF.C.の育成組織として日々活動しています。選手たちがこの大会を通じて素晴らしい経験を積み、サッカー選手としてだけでなく、一人の人間として成長してくれることを期待し、チーム一丸なって全力を尽くします。

 


 

大阪市ジュネッスFC

 

日本一の高層ビル「あべのハルカス」のお膝元、大阪市阿倍野区を拠点に活動しています。チーム名の「ジュネッス」とは、フランス語で「青春」を意味します。青春真っ只中の選手、スタッフ、保護者が一丸となって「やっていて楽しい!観ていて楽しい!サッカー」をモットーに、この素晴らしい大舞台を存分に楽しみます。

 

中国

サンフレッチェ広島F.Cジュニアユース

 

サンフレッチェ広島のアカデミーチームです。プロチームからジュニアチームまでの一環指導のもと①クリエイティブで逞しい選手②豊かな人間性を主に指導しております。また今シーズンのクラブスローガン「一心」のように選手、スタッフが心一つに闘います。

 


 

レノファ山口FCU-15

 

『renovation(維新)』のレノと、『fight(戦う)』『fine(元気)』のファを合わせてレノファ山口FCです。アカデミーでは相手やゲームの状況に応じて、ショートパスをベースとした連携プレーと、ロングボールをベースとしたダイレクトプレーの両方を使い分け勝利を目指します。

 


 

ファジアーノ岡山U-15

 

U-18、U-12、スクールと連携し、「日本を代表し、世界で活躍できるファジアーノ戦士を育てる」ことを目的としています。そのために、人間性豊かな自立した人財の育成及び人と人のつながりを大切に、強く、誰からも愛されるチーム作りに邁進します。

 

四国

徳島ヴォルティスジュニアユース

 

徳島ヴォルティスの育成組織です。世界で活躍できるよう日々取り組んでいます。今大会への出場をひとつのきっかけとし、サッカー選手として、人として大きく成長したいと思っています。またいつも支えてくれている人たちへの感謝の気持ちをもってプレーし、笑顔を届けます。

 


 

FCリヴェント

 

松山市で活動している街クラブです。全国で通用する選手、プロになれるような選手の育成に努めています。昨年、全国大会出場を果たしたジュニアチームに続いての全国大会初出場となりました。今大会では、今後の選手のサッカー人生が明るくなるような戦いができればと思っています。

 

九州

F.CuoreU-15

 

鹿児島市で活動をしているF.CuoreU-15です。『F』はファンタジスタ、『Cuore』はイタリア語で『心・勇気』を意味しています。今大会が初の全国大会出場となります。チームスローガンでもある『三位一体』で支えて下さる全ての方に感謝し、最高の舞台を全員で楽しみます!

 


小倉南FCジュニアユース

 

北九州市小倉南区を中心に35年目を迎えるクラブチームです。チャイルド・スクール・ジュニア・ジュニアユースの総勢700名で活動しています。第19回大会でのベスト8という成績を超えられるよう、チーム一丸で頑張ります。

 


 

サガン鳥栖U-15

 

九州代表として、そしてクラブの代表として1試合1試合全力で戦い抜きます。また、これまでこの大会に出場できるように協力して頂いた方々、応援をして頂いた皆様に恩返しを出来るよう選手・スタッフ・クラブ一丸となって頑張ります。ハードワークとチームワークを兼ね備え、闘う事をコンセプトにしています。1試合、1瞬を闘い抜き、チーム全員で今大会を闘い抜きます。そして今大会で、サッカーを通して成長できればと思います。

 


アリーバFC

 

宮崎県宮崎市で幼児から中学生の約160名で活動しています『アリーバFC』です。今大会が初出場となります。応援してくれる家族、共に戦う仲間、そして自分の為に力を出し切り『自分のサッカー人生の中で特別な一戦』となるよう全ての試合を全力で戦います。

 


 

アビスパ福岡U-15

 

九州を代表するクラブとして、「蜂のように組織的に、走り、闘う」サッカーを貫いていきます。この大会を通し、サッカーを通し、人間的に自立した逞しい選手に成長していくことができるよう全力でプレーします。

 


 

UKI-C.FC

 

熊本県宇城市を拠点に活動しているUKI-C.FCです。今大会が初出場となります。素晴らしいチームと対戦できることを楽しみに、今大会では我々のサッカーを表現し、九州の代表としての自覚と誇りを胸に戦います。

 


※スポーツ振興基金対象事業です

 

 

 

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム | スケジュール | 予選 | 過去結果

 

2017年 | 2016年 | 2015年
2014年 | 2013年 | 2012年
2011年 | 2010年 | 2009年