第5回 TCY 復興支援サッカーフェスティバル

大会概要 ニュース・結果

  大会要項(PDF)

大会要項

 

1.趣旨

大震災から5年が経ち、各地区も復興の兆しがみえてきたがまだまだ時間がかかりそうである。そうした中で、復興支援を目的として行われてきたこの大会を今年は被災地である福島県いわき市で行うことにしました。被災地域を含む東北各地からクラブチームが被災地のいわき市に集まり大会を行うことは昨年以上に意義があることだと思います。さらに、日本の将来を担うユース年代のサッカー技術の向上を図るとともに東北地区のクラブチームの普及と発展を図るものとする。

2.名称

第5回TCY復興支援サッカーフェスティバル

3.主催

日本クラブユースサッカー連盟

4.共催

東北クラブユースサッカー連盟

5.主管

福島県クラブユースサッカー連盟

6.後援

東北サッカー協会、(一財)福島県サッカー協会、いわき市(予定)

7.日程

2016年7月

29日(金)予選リーグ1日目
30日(土)予選リーグ2日目
31日(日)順位別トーナメント

8.会場

新舞子フットボール場及び多目的運動場、いわき明星大学

9・出場チーム

東北地区の大会趣旨に賛同するチーム

10.資格

(公財)日本サッカー協会に第3種登録し、なおかつ日本クラブユースサッカー連盟に加盟登録したチームであり、各県クラブユース連盟を代表し推薦を得たチームであること

①2001年4月2日以降の出生者を対象とする
②チームスタッフ及び選手の登録は、スタッフ5名以内、選手15名以上25名以内とする
③出場選手は他のクラブチーム及び中学校サッカー部などに二重登録されていないこと
④参加チームは全期間必ず参加し審判等大会運営に協力できるチームであること
⑤参加チームは主催者が斡旋する指定の宿舎に宿泊が出来るチームであること(いわき市のチーム除く)

11.組合せ

予選リーグの組合せは主催者にて決定し、後日連絡いたします。

12.規定

①参加チーム数による予選リーグを行い、各グループの順位による順位別トーナメントを行う
②当該年度の(公財)日本サッカー協会競技規則による
③試合時間はすべて60分とする(ハーフタイム5分)
④予選リーグにて競技時間内に勝敗が決定しない場合は引き分けとする。また、順位別トーナメントにおいて勝敗が決まらない場合はPK戦方式により勝敗を決定する
⑤リーグ戦の順位は次の通り決定する

(1)勝ち3点、引き分け1点、負け0点とし、勝点の多いチームを上位とする
(2)勝点が同じ場合は得失点差の多いチームを上位とする
(3)得失点差が同じ場合は得点の多いチームを上位とする
(4)得点が同じ場合は当該チームの対戦の勝敗にて決定するが引き分けの場合は抽選により決定する

⑥メンバー表は試合開始60分前に提出し、選手交代は再交代とする
⑦大会期間中、警告を通算2回受けた選手は次の1試合に出場できない。退場を命じられた選手は次の1試合に出場できない。その後の処置については大会規律委員会にて決定する
⑧ユニフォームは必ず2着準備し持参すること。背番号は必ず参加申込書に登録された選手固有の番号をつけること。なお、申込後の背番号変更は認めない。また、ショーツ番号を付けている場合はその番号も一致させること。スパッツについてはショーツと同色を使用すること
⑨ユニフォームに表示する広告は日本サッカー協会「ユニフォーム規程」に準じる

13.開会式

29日(金)17:00~新舞子会場で試合をする12チームが参加

14.表彰

1位トーナメント上位を表彰し、順位トーナメントの各優勝チームも表彰する

15.懇親会

代表者会議の後で行う。29日(金)19:30~会場は後日連絡します

16.その他

①登録選手は必ず全員傷害保険に加入していること
②試合会場での負傷の処置については、当該チームで行うこと
③表彰式は最終日の各会場最終試合終了後に行う

17.申込み

7月9日(土)までに福島県クラブユースサッカー連盟大会実施委員長の高木宛 (nakoso_takagi@yahoo.co.jp ※@を半角にしてください)  にメールにて

 

 

  大会要項(PDF)

第5回(2016) |第4回(2015) | 第3回(2014) | 第2回(2013) | 第1回(2012)

2011年(インターシティカップ北日本)

 

大会概要 ニュース・結果