出場チーム -日本クラブユースサッカー選手権 U-18 2016

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム | スケジュール | 予選 | 過去結果

 

 

北海道

北海道コンサドーレ札幌U-18

1<北海道コンサドーレ札幌U-18>集合写真

札幌

 今年でクラブ創設20周年を迎え、チーム名が「北海道コンサドーレ札幌U-18」と変わりました。スタッフ、選手が一丸となり、観ている方に勇気や感動を与えられるよう、頑張ります。

 

東北

ベガルタ仙台ユース

2<ベガルタ仙台ユース>集合写真

2

Jクラブ ベガルタ仙台の育成組織として将来トップチーム及び、世界で通用する選手の育成・強化と、サッカーを通じての人間形成に重点をおいて活動しています。


モンテディオ山形ユース

3<モンテディオ山形ユース>集合写真_R

0山形

 6年連続8回目の出場となります。今年も素晴らしい舞台でサッカーができることに感謝します。成長できる場となるようチーム一丸となって100%全力で頑張ります。


塩釜FCユース

4<塩釜FCユース>集合写真_R

0塩釜

 社団法人として、地域に愛されるクラブ作りを目指し、サッカーを通じての人間形成に主眼を置いています。この大会では全国の強豪に臆する事なく、自分達らしさを大切に全力でチャレンジします。

 

関東

横浜FCユース

5<横浜FCユース>集合写真_R

 0FC

 神奈川県横浜市をホームタウンとする横浜FCの育成組織である横浜FCユースは、トップチームで活躍できる人材の育成と社会人として活躍できる人間形成を行うことを指導指針にしています。常にチャレンジャーとして試合に臨み、横浜FCユースらしさを出していきたいと思います。


横浜F・マリノスユース

6<横浜F・マリノスユース>集合写真_R

1横浜FM

 横浜F・マリノスユースは、トップチームで活躍できる選手の育成を目標に掲げる中、サッカーだけに限らず、人間性においても重点を置きながら日々活動しています。今年もこの素晴らしい大会を経験することで成長できればと思います。


柏レイソルU-18

7<柏レイソルU-18>チーム集合写真_R

1柏

 千葉県柏市をホームタウンとする柏レイソルの育成組織です。ジュニアからユースまで一貫した指導体制のもと、将来、柏レイソルはもとより、インターナショナルで活躍できる選手になることを目標として活動しています。


東京ヴェルディユース

8<東京ヴェルディユース>集合写真_R

1東京V

 東京ヴェルディの育成組織として、プロ選手の育成を目指すと同時にサッカーを通じての人間形成を目的として日々活動しています。今年は「日本一のチーム」を目指し、チーム一丸となって戦いたいと思います。


FC東京U-18

9<FC東京U-18>集合写真_R

1FC東京

 Jクラブ FC東京のアカデミー、U-18のカテゴリーチームとして勝者のメンタリティを持ち、自立した選手の育成を目指して日々活動しています。『全員攻撃・全員守備』で最後まであきらめずに全力で戦います。


大宮アルディージャユース

10<大宮アルディージャユース>集合写真_R

2大宮

 大宮アルディージャユースは、トップチームで中心となり活躍できる選手、世界で活躍できる選手、また社会のリーダーとなれる人材育成を活動の目的として、日々取り組んでいます。全国大会という厳しい戦いの中で、また集団生活を通じて、選手としても人としてもより成長できる大会としていきたいと思います。


三菱養和SCユース

11<三菱養和SCユース>集合写真_R

2養和

 ジュニアからユースまで一貫指導の中で選手を育成し、Jリーグ・大学等で活躍できる選手の輩出を目指しています。「和」の精神を大切に、勝利を目指して最後まで諦めずに全力で戦います。


栃木SCユース

12<栃木SCユース>集合写真_R

2栃木

 栃木SCユースは今大会が初の全国大会出場です。栃木SCの育成組織として、将来栃木SCのトップチームで活躍できる選手育成を目指しています。大会を通じて一つ一つの試合をアグレッシブに、栃木SCらしくプレーします。


川崎フロンターレU-18

13<川崎フロンターレU-18>集合写真_R

2川崎

 川崎フロンターレの育成組織として、ジュニアから一貫指導の下、トップチームで活躍できる選手の育成と、サッカーを通じて人間性豊かな人材育成を目標に活動しています。常に主導権を握り、戦えるチームを目指します。


浦和レッズユース

14<浦和レッズユース>集合写真_R

3浦和

 浦和レッズアカデミーでは、トップチームで活躍できる選手の育成、さらにサッカーを通じての豊かな人格形成を目標に選手指導にあたっています。特にユースはトップチームにつながるよう、プロ選手に必要な資質を身に着けていく指導を行っています。


ヴァンフォーレ甲府U-18

15<ヴァンフォーレ甲府U-18>集合写真_R

3甲府

 ヴァンフォーレ甲府のアカデミーとして活動しています。我々の育成方針は、~自立した選手を目指して~2本柱で選手育成を目指しています。1.「質の高いサッカーの基本」というベースの上に「個性」を発揮できる「クリエイティブな選手の育成」、2.「豊かな人間性の育成」を目指しています。この大会を通じてレベルアップできる様ベストを尽くします。

 

北信越

アルビレックス新潟U-18

16<アルビレックス新潟U-18>チーム集合写真_R

3甲府_

 Jクラブの育成組織ユースチームとして、より高いレベルを追求し、日本はもとより、世界で通用する選手の育成を目指し、日々のトレーニングに励んでいます。また、サッカーの能力向上だけでなく、魅力ある豊かな人間性の習得、教育も重要視しています。クラブのスローガンの如く、”SMILE”で観ていて面白いサッカー、激しさや感動が伝わるサッカーの追求をしていきます。


カターレ富山U-18

17<カターレ富山U-18>集合写真_R

3富山

 カターレ富山ではサッカーを通じて、青少年の健全育成やスポーツの振興、地域活性化などに貢献し、ふるさと富山が一層元気になることを目指しています。その一つとして2009年度より、子供たちの夢(目標)づくりに貢献できるよう、将来のJリーガー養成を目的とする育成組織を保有し、U-15、U-18からトップへと繋がる選手育成を目指します。


松本山雅FC U-18

18<松本山雅FCU-18>集合写真_R

3松本

 「松本山雅FCユースアカデミー」は、プロサッカー選手の育成と将来に渡ってサッカーに携われる人間を多く輩出する為の活動を行うことを目的に、 2003年5月より育成組織をスタートさせました。今大会はアカデミー生の代表として全力で戦います。

 

東海

清水エスパルスユース

19<清水エスパルスユース>集合写真_R

4清水

 清水エスパルスの育成組織として、ジュニア/ジュニアユース/ユースからトップチームにつながる一貫した指導システムで、強化・育成を図っています。また、サッカーを通じての人間形成にも重点を置いて活動しています。


名古屋グランパスU18

20<名古屋グランパスU18>集合写真_R

4名古屋

 指導する上で柱としていることは、トップチームが掲げている【ボールを奪い、ゴールを奪いに行く】という考えです。ボールに行くディフェンス、そしてゴールに向かう攻撃。つまりは【前に行く】という考えを基本にしています。勝って経験を積み、個々のレベルを上げ、トップチームで活躍できる選手を送り出す。そのために、普段からトップチームを意識した指導を行っています。


JFAアカデミー福島U18

21<JFAアカデミー福島U18>集合写真_R

福島

 東日本大震災、原発事故に伴う一時移転で、静岡県御殿場市で活動をさせていただいています。東海地域予選で経験した厳しい戦いを全国でも経験出来たらと思います。チーム一丸全力で戦います。

 

関西

ヴィッセル神戸U-18

22<ヴィッセル神戸U-18>集合写真_R

4神戸

 ヴィッセル神戸U-18は、「日本をリードし、世界で活躍できる人間性豊かな選手」の育成を念頭に、一貫指導の下、テクニック・戦術・フィジカル面の強化、そして生活面から目標に向かう姿勢にこだわり、加えて人間形成に重点をおいて指導しています。


京都サンガF.C. U-18

23<京都サンガF.C.U-18>集合写真_R

4京都

 京都をホームタウンとする京都サンガF.C.アカデミー(育成組織)のU-18チームです。プロ・トッププレーヤー育成プロジェクト「スカラーアスリートプロジェクト」による「心技体」全てに優れた選手を目指し、日々活動しています。


セレッソ大阪U-18

24<セレッソ大阪U-18>集合写真_R

4セレッソ

 「世界基準による選手の育成」という指導方針のもと、プロの世界で活躍できる選手を育成することを目的とし、日々トレーニングしています。この大会でもセレッソらしく、ひたむきにプレーし、少しでも成長できるよう頑張ります。


ガンバ大阪ユース

25<ガンバ大阪ユース>集合写真_R

5ガンバ

 「知育・徳育・体育」の指導指針のもと、サッカーを通じて「健全な心身を持つ」「フェアプレー精神を遵守する」「世界で通用する」、3つを兼ね備える豊かな人間性を持った選手の育成を目標に活動しています。


センアーノ神戸ユース

26<センアーノ神戸ユース>集合写真_R

5ガンバ_

 センアーノ神戸は、「健全な青少年の育成と明るく楽しい地域活動」を理念に日々活動しています。Jリーグ育成組織でもなく高校サッカーでもない「街クラブ」の誇りを持って人間性を磨き、この大会で更に輝きたいと思います。

 

中国

サンフレッチェ広島F.Cユース

27<サンフレッチェ広島ユース>_R

5

 マザータウンである吉田町の大自然と、温かい人々に包まれ、日々夢に向かって活動しています。ユース専属寮で、選手全員が共同生活を送りながら、感謝の気持ち、謙虚な心を忘れずに、失敗を恐れずにチャレンジする事を選手に求めています。


ガイナーレ鳥取U-18

28<ガイナーレ鳥取U-18>集合写真_R

5鳥取

 「FUNサッカー」=プレイヤーも観客も楽しいサッカーを追求し、トップチームで活躍できる選手を目指して活動しています。さらに、提携高校である米子松蔭高校と共に「社会に真に役立つ実践的人材の育成」という観点からも選手が自ら人間形成をできるチームを目指します。全力で挑戦します。

 

四国

愛媛FC U-18

29<愛媛FC U-18>集合写真_R

5愛媛

 愛媛FCのU-18チームです。アカデミーの育成組織として「トップチームで活躍できる選手を数多く輩出し、ひいては代表、世界で活躍する選手を育成すること」、「地域社会に関わり、貢献できる人間を育成すること」、「地域サッカーのレベルアップ、地域スポーツの活性化に貢献すること」を使命として活動しています。

 

九州

サガン鳥栖U-18

30<サガン鳥栖U-18>集合写真_室内_R

5鳥栖

 九州代表として、クラブの代表として1試合1試合全力で戦い抜きます。これまでこの大会に出場できるように協力して頂いた方々、応援して頂いたクラブスタッフや保護者の皆様に恩返しできるよう選手・スタッフ・クラブ一丸となって頑張ります。サガン鳥栖はハードワークとチームワークを兼ね備え、戦う事をコンセプトにしています。一試合、一瞬を戦い抜き、チーム全員で今大会を戦っていきます。


アビスパ福岡U-18

アビスパ福岡

福岡

 アビスパ福岡のU-18チームとして活動しています。アカデミーで育った選手がトップチームで活躍し、世界で通用する選手になることを目標としています。トップチームで1人でも多くの選手が活躍できるように、よりよい選手の育成に取り組んでいきたいと思います。


大分トリニータU-18

32<大分トリニータU-18>集合写真_R

6大分

 大分トリニータのアカデミーとしてクリエイティブでアグレッシブな選手、豊かな人間性の育成を目標に日々活動しています。トップチーム同様に原点回帰のスローガンの下、今大会で好成績を残せるように日々トレーニングで切磋琢磨しています。大分トリニータU-18の新たな歴史を刻むため、創造性豊かで魅力的なサッカーを披露して全力で戦います。

 

※スポーツ振興基金対象事業です

 

 

 

2016年 | 2015年 | 2014年 2013年 | 2012年 | 2011年 2010年 | 2009年 | 2008年

大会概要 | ニュース・結果 | 出場チーム | スケジュール | 予選 | 過去結果